マンションリフォームの制限や規約について

マンションでリフォームを行う場合は、制限や規約に注意が必要です。個人の所有権が及ぶ範囲は、管理組合の規約で制限されているため、どこまでリフォームが可能なのか事前に確認して検討することになります。

どのような内容で制限や規約があるのか、具体的に解説いたします。淀川区周辺にお住まいの方はリフォーム・リノベーションを承るリノベーノへお問い合わせください。

所有者の専有部分とは

所有者の専有部分とは

一つのマンションにおいて、住人たちが共同生活を送るために必要なルールを定めた「建物の区分所有等に関する法律」(区分所有法)という民法の特別法があります。

その中で、マンションの中で構造的に区分された部分において、単独で所有している建物の部分を専有部分としており、専有部分以外が共有部分となります。リフォームが可能となる部分は、専有部分のみと限られます。また、専有部分の範囲は、それぞれのマンションの管理規約で定められています。

リフォームができない共有部分について

リフォームができない共有部分について

マンションにおける共有部分とは専有部分以外のすべてを指します。具体的な部位については共用廊下や階段、エレベーター、エントランスホール、屋上などが挙げられます。

さらに、構造体はもちろん、ベランダや玄関ドア、窓、パイプシャフトなども共有部分となるのです。これらの部位については自由なリフォームができない可能性が高いため、注意が必要となります。

管理組合の規約による制限について

マンションの区分所有者によって構成される管理組合でつくられた規約には、マンションにおけるルールや使用の制限などについて定められています。マンションによってはリフォームに関する制限を規約に設定している場合があるので、事前に確認する必要があります。

例えば、リフォームによっては電気やガスの容量が足りなくなるケースがあります。しかし、電気やガスの容量には上限が設けられている場合は容量を増やすことができません。さらに、キッチンなどの水回り設備の移動を禁じている場合もあるため、注意が必要です。また、床材を変更するリフォームでは、上下階の騒音トラブルの原因となることがあるため、防音性能などの制限を設けている場合があります。

リフォームに関する規約・制限を理解していないと後々、トラブルになる可能性もあるので、忘れずに確認しましょう。淀川区のリノベーノでは、マンションリフォームの見積もり依頼を随時承っております。

さらに不動産物件探しや住宅ローンのご相談にも対応していますので、中古マンションを購入してリノベーションがしたい方もリノベーノにすべてお任せいただけます。

淀川区でマンションリフォームをお考えならリノベーノ

会社名 株式会社グットワン
住所 〒532-0026 大阪府大阪市淀川区塚本5丁目8−6
代表取締役 西原 良一
事業内容 建築一式工事及び内装工事の設計並びに施工
リフォーム工事の設計・施工・管理
建築資材の販売
前各号に付帯する一切の業務

物件探しから設計・施工まで対応します。
電話番号 06-7509-6613
URL https://renoveeno.jp/

PAGE TOP